啄木講座

啄木講座

平成29年度 第5回「もっと知ろう人間啄木」(平成29年12月11日)
| 2018/07/31 | 啄木講座
講座内容
1.啄木に人生を狂わされた男。「遠藤 隆」
 ・函館区弥生尋常小学校時代の同僚
 ・21歳で、遠軽尋常小学校訓導兼校長となったことからも、非常に優秀であった
  と推察される。
 ・26歳、釧路第三尋常小学校(訓導)に移動になり、啄木と再会することになる。
 ・当時、第三尋常小学校は評判が良くなく、啄木は遠藤を誘い何度も聞き出し、
  それが記事になってしまい、遠藤は立場的に困ってしまい、何度も啄木に
  記事の訂正を求めたが、啄木はそれをしなかった。これを機に田舎の小学校に
  移動になってしまった。
../information/dat/241_1.jpg
平成29年度 第4回「もっと知ろう人間啄木」
| 2018/07/31 | 啄木講座
講座内容
1.小山ミサホ(梅川操)の話を何処まで信じるか
 ・別保郵便局外務員、松山誠氏に語った石川啄木の話は真実ではないか。
  参照;『釧路春秋』49号掲載「操ばあちゃんの杖」
 ・小山ミサホさんに逢った人たちは誰もが「彼女は男勝りだが嘘を言うような
  人間ではない」と言う。
 ・小山ミサホさんと親交のあった野尻瀞さんも「小山のばあさんは嘘を言う人
  ではない」と言っておられた。
 ・晩年は、啄木研究者の多くが小山ミサホのことを悪く言うので、腹を立てて
  奇怪な行動に出たこともある。(啄木のイベントで、真実を述べようとした
  ことが、奇怪な行動と映ってしまった)
../information/dat/240_1.jpg
平成29年度 第3回「もっと知ろう人間啄木」
| 2018/06/15 | 啄木講座
講座内容
1.近江ジン(小奴)と逸身豊之輔の関係
 ☆昭和37年6月30日/富士見町の近江ジン宅にて、後藤鉄四郎氏(釧路市立春採中  学校校長)と安井一之氏(小樽啄木会)と対談し、その録音が残されている。
  ・小奴自身は啄木の恋人ではないと証言している。
  ・啄木に英語を習うように勧められ、先生に通う。
  ・明治41年12月上旬、東京で啄木と会った時の事。
  ・明治41年12月10日東京を離れる時の様子(「啄木日記」の記述と食い違って   いる)
 ☆昭和37年11月2日突如のごとく釧路を去る。午後10時15分発、夜間急行「まり    も」で、丹波節郎他数名の見送りで、寂しく釧路を去った。
../information/dat/228_1.jpg
(../information/dat/228_2.jpg)
平成29年度 第2回「もっと知ろう人間啄木」(平成29年6月12日)
| 2017/06/28 | 啄木講座
講座内容
1.釧路からの脱出とその主因とは。
 ★明治41年4月5日午前7時30分、貨客船「酒田川丸」で釧路を去る。
 ☆3月28日「『ビョウキナヲセヌカへ、シライシ』。歩する事三歩、自分の心は
  決した。啄木釧路を去るべし、正に去るべし。日景君も度量の狭い、哀れな
  男だ。実にツマラヌ。電報を見て、急に頭がスッキリした。」
 ☆4月1日「此の日、早朝の一番汽車で、北東(新報)の小泉奇峯君が、誰にも
  知らせず帰京の途についた。送ったのは横山ばかり。人知れず小泉君が去った
  という事は、異様の衝撃を自分の胸に与えた。
 ☆4月2日「安田扱いの酒田川丸本日午後六時出帆-函館・新潟行-とある。
  自分は直ぐ決心した。❝函館へ行こう❞」
 ☆4月3日「十時に波止場へ行く。遠藤君に逢った。波が高い。」
../information/dat/214_1.jpg
平成29年度 第1回「もっと知ろう人間啄木」(平成29年4月10日)
| 2017/04/22 | 啄木講座
講座内容
1.近江ジンさんの親族から託された資料
 ★小さな段ボール箱の中には近江ジン(小奴)さんが大切に保存されて
  おられた啄木に関する資料がぎっしり詰まっていた。
 ☆中でも一番貴重な資料は、金田一京助氏が小奴さん宛に贈られた
  色紙帳です。
  釧路を訪問した際に詠まれた短歌12首を金田一氏が自ら書いております。
  数年前、港文館を訪問された孫の金田一秀穂さんもこの色紙帳を
  見ております。
 ◆これらの資料は近く釧路市に寄贈いたします。その後は平成30年6月
  (予定)に開館する「釧路文学館」に展示されます。
 ◎近江ジンは明治23年10月15日函館区で生まれる。
  昭和40年2月17日朝、多磨町の「桜ヶ岡病院」で亡くなる。行年76歳。
../information/dat/207_1.jpg